ビタミンEの効果って?

若返りの栄養素として有名なビタミンE。

その効果の秘密は強力な抗酸化作用にあります。

抗酸化作用とは、体内に存在する活性酸素を抑制する働きのことです。

過剰な活性酸素は、シミやシワなどの原因になり、老化を早める要因にもなってしまうのです。

近年の研究では、この活性酸素が様々な病気の原因として考えられています。

特に心疾患や動脈硬化などの生活習慣病は、その関係が深いことで知られています。

ビタミンEには、紫外線によって発生した活性酸素を除去する作用があるので、お肌のシミやシワ、たるみを予防します。

また、細胞そのものの老化を防ぎ、若さを保つ効能も期待できるといわれています。

ビタミンEは出産を意味する「トコフェロール」という別名を持っています。

もともと不妊治療に利用されていた歴史があり、女性ホルモンと関係の深い物質としても知られています。

例えば、女性ホルモンの分泌異常によって生じるとされる更年期障害に対しても、女性ホルモンの分泌を促進することで、症状の予防・改善に効果を発揮することが確認されています。

ビタミンEは血液に関係の深い栄養素でもあります。

血中では、悪玉コレステロールの増加を抑制することで、血液をサラサラにする役割を果たしています。

その作用によって、血流の悪化によって生じる頭痛や肩こり、冷え性などの症状を緩和する効果があるとされています。

逆にビタミンEが不足すると、赤血球の減少を招き、やがては貧血を発症するといわれています。

ビタミンEに加え、鉄分やたんぱく質、その他のビタミンをバランスよく補うことで、人間本来の健康な血行を保つことができるのです。