SSDって何?

SSDとはsolid state driveの略称で、記憶媒体としてフラッシュメモリーを利用する記憶装置のことです。

駆動部分(ドライブ)はなく、主にハードディスクドライブ(HDD)の代替品として用いるためSSDという名称が付けられたといわれています。

SSDには物理的な稼動部分がないため、その特徴として「軽量」で動作音が「静か」であるという点が挙げられます。

また、衝撃に強く消費電力も低いために、近年では急速に普及が拡大しています。

ランダムアクセスでの読み込み速度にも優れているため、現在、多くの製品が2.5インチのHDDと同サイズで、同じ入出力インターフェースを備えたSSDが利用されています。

特にネットブックをはじめとするノートパソコンなどで高い人気を得ているようです。

しかしながら、現状ではHDDと比較して容量当たりの単価が高く、まだ大容量の製品が少ないようです。

加えて、書き込み速度が遅い、耐久性に劣るなどの問題点が解消されていません。

現在も技術的な改良は続けられており、やがてはそうした問題点も解消されると推測されています。

まだ歴史の浅いパーツなので、利用の増加による価格の低下、技術革新による性能の向上が待たれます。

ただし、上記の欠点はあくまで「技術上の課題」であって、利用上はHDDと大差のない性能を発揮します。

最近では、HDDとSSDの双方の長所を取り入れるため、これらを組み合わせたハイブリッドHDDも開発され、実用化されています。