高校新卒の求人状況

現在の高校新卒の求人状況は、決して視界良好と言うわけにはいかないのが実情です。

急速な円高の影響で新たな高校新卒の受け入れを見合わせる企業なども増え、今後の見通しはかなり厳しくなることが予想されます。

高校新卒の就職活動が、大学新卒のそれと決定的に異なる点は、活動の主役が学生ではなく高校の就職課や進路指導の先生達であるということです。

彼らは考えられるあらゆる手を尽くして、学生の進路を確保しようと奔走していますが、必ずしも数字の上で成果を残しているというわけでもありません。

またこうした状況に 危機感を抱いた高校側では、県外への就職先にもさまざまな打診を行っていますが、これは企業側よりも学生や、学生の両親などが難色を示すことが多いようです。

つまり地元から離れたくないということなのです。

就職氷河期の再来とまで言われるこの時期に、最も大きなダメージを受けるのが高校新卒の生徒たちでしょう。

昨年からの有効求人倍率は前回の就職氷河期とほぼ似たような低い水準にとどまっています。

最も重要なことは、高校新卒の学生たちが、各種の調査によるこうした数字に惑わされないということでしょう。

就職はあくまでも個人の問題です。

個人の才能が豊かで、技術が備わり、またコミュニケーション能力なども良好であれば必ず採用してくれる企業は見つかります。

逆に高校の授業とともに職業訓練などを受けているにもかかわらず、あまりその成果に自信が持てないというような人であれば、たとえ景気が良く、就職率が高くなっても採用してくれる企業はほとんどありません。

このような時代にこそ、自分を磨き、ふだんから自分自身の価値を高めておくことが重要なのです。