円投とは?

円投(えんとう)とは「日本円を投げる」という行為ですが、どういうことかといえば、日本円で運用していた資金を外貨資金に変換して運用する行為の事を指しています。

日本円を外貨へ両替する際に気になるのはやはり為替相場。

円投する事で利益につながる事ももちろんあるようです。

円投する事で利益を出すことができるのは、スプレッド金利が大きな場合。

スプレッド金利とは、換金される外貨の政策金利から日本円の政策金利を引いた金利差のことで、この金利差を利用する事で確実な利益を得ることが可能になるようです。

例えば、日本円を100万円そのまま日本円として持っている場合には、政策金利は0.01%程度ととても低いため、銀行に100万円を預入れていても年間あたり100円程度の利子しかつきません。

しかし、日本円を政策金利が高いオーストラリアドルに換金して貯金した場合、オーストラリアドルの政策金利が10%だとすると、日本円100万円は単純計算で年間10万円の利子を生み出すことになります。

もちろん、オーストラリアドルの為替変動もありますから、日本円100万円がオーストラリアドルで8,000ドルになるのか12,000ドルになるのかは分かりませんし、そこにもリスクは存在しています。

しかし、もしオーストラリアドルで事業を行なうタイプのビジネスの場合には、日本円で資産管理を行なうよりもオーストラリアドルで資産管理を行った方がリスクを抑える事もできますし、スプレッド金利による利益も増えるというメリットがあるわけです。

円投はケースバイケースで大きな利益につながる運用方法と言えるでしょう。