飾り線上

車に比べて安いイメージですがやは

飾り線下
車に比べて安いイメージですがやはりバイクは高い買い物です。

現金が足りない時に心強いのがバイクローンです。

ローンの選び方について紹介しますので新しくバイクを購入する際の参考にしてください。

最も金利の低いローンは銀行のローンです。

ジャックスなどの信販会社の行なっているローンの2種類に分かれています。

ローンを利用する際、気になるのが金利だと思いますがバイクショップやディーラーが独自で行うローンや金利が最も低く抑えられるのは銀行のローンとなります。

しかし、銀行ローンは審査基準も厳しく、手続きもどちらを選ぶかは個人個人で考えましょう。

バイクや車を買う際にローンを利用する方は多いと思います。

その際、絶対確認するのが金利と支払い回数ですよね。

バイクショップで取り扱っているバイクローンの大半は返済期限が1回から60回で設定されています。

ただ、60回(5年間)の分割と言われてもあまりピンとこない方も多いのではないでしょうか。

120万円のバイクを購入する場合を例に出します。

5年60回払いなので月々の支払いは2万円+利子です。

月々2万円くらいなら生活に無理なく支払っていけそうな感じがしませんか?もちろん、頭金を準備していたら月々の支払額も下がります。

バイクをローンで買うことを他の人にも知られたくないときに申し込み時に保証人が必要だと言われると困りますよね。

バイクローンを組む場合、保証人は必要なのでしょうか?基本的には必要ないローンが多いです。

どういった場合に保証人が必要になるのか調べてみました。

まず、ローンにおける保証人・担保とは、ローンを組んだ本人が何らかの理由で返済ができなくなった時にその返済を肩代わりする人です。

必要な場合は収入が不安定だったり、最近働き始めたばかりの時です。

また、すでに会社員として勤務しており、収入も安定していても未成年の場合は、親の承諾書・保証人が必須になります。

高校生から専門学生になると大きく変わることがあります。

例えば、車やバイクの免許が取れるようになることです。

免許を取ったけど車やバイクは高い買い物なのは変わらないですよね。

現金一括で払うのはほとんどの方は難しくバイクローンなどのローンを組むと思います。

学生でもローンを組めるの?という質問をよく聞きます。

アプラスなど大手の業者さんなら基本的にオートローンを組むことはできます。

その際、未成年の方は親の承諾書の提出が必須条件となりますまた、ローンの性質上、毎月安定した収入がないと組むことはできないのでローンを組む際は必ず返済シミュレーションをしてから申し込みましょう。

家を建てる際にローンを組むように、バイクを買う際もローンを組むことが多いです。

実際、サイズが小さな中古バイクなら、一括で支払う人もいますが大きなバイクや新車を買う際はバイクローンを使う人がほとんどです。

ローンは長期間の返済にすればするほど利息分損します。

では、なるべくお得に組む方法はあるのでしょうか。

一つは、ローンの中にはボーナス払いができるものもあります。

会社員として働いている場合、毎年6月と12月のボーナスで多めに返済するという方法です。

ただ、ボーナスがもらえない会社、低い会社に務めている場合は避けたほうが良いでしょう。

他にも頭金を入れることでローンで融資を受ける総額を抑える方法もあります。

月々の支払額が下がる他に、審査に有利にもなると言われています。

バイクを買う際に活用するバイクローンですが多くのバイクショップで扱っているローンでは頭金の必要はないですが必要がなくても頭金を多少でも払いましょう。

その際の相場は平均10万円くらいが目安になっています。

なぜかというと払ったほうが審査時に有利になるからです。

平均10万円前後と書きましたが払わない・払えない場合にローン会社から見ると「これくらいの金額が払えないの?」と資金力に疑問を持たれる可能性もあります。

貸し倒れを減らしたいので、頭金を少しでも入れておくと計画性を持って返済も大丈夫そうだと判断されやすくなります。

当然ですが月々の支払額もその分下がるのでできるだけ用意しましょう。

マイカーローンや住宅ローンなどの専門ローンについて審査が厳しいなんて話を聞いたことはありませんか?一例として、バイクローンの特性について考えてみましょう。

まず、大きなメリットとしては低金利なことです。

むしろ、そこくらいしかないとも言えます。

逆にメリットの数よりもデメリットの数が多いようです。

多くの人は販売店で扱っているバイクローンを想像すると思いますが、保証人や頭金が必要になることもあります。

「お金に困って売りたい」など売りたいときに売れないというデメリットもあります。

バイクローンが通らない時はカードローンの利用も考えてみてはいかがでしょう。

ローンを組む際はできるだけ他の人に知られたくないものです。

ローンを組む際に会社によっては勤務先などへの在籍確認を行う場合もあります。

それではバイクを買う際に使うバイクローンなどではどうなのでしょうか。

基本的には銀行機関によるローンは在籍確認を行います。

金融機関から確認のための電話が来た際に、本人が必ずしも出る必要はありません。

また、例外的に電話がこない場合もありますが、確認するしないに関しては各機関に委ねられており、判断基準は不明です。

審査の段階で勤務年数や他の機関からの借入状況から判断されているようです。

どうしても確認されたくないという場合は保証会社によって電話しないローンもあるので探して見てください。

車に比べて維持費が安く手軽で小回りが利くバイクは、若者の生活スタイルに活かしやすく、購入を検討している人も少なくないでしょう。

手持ちが足りない時に便利なバイクローンですが、アルバイトでも使うことはできるのでしょうか。

結果から言うとアルバイトでもローンを組めます。

審査では、雇用状態が正規非正規かよりも安定収入があるかを重視するため、アルバイトでも毎月安定した収入があれば融資してもらえる確率は高いです注意点としては、未成年の場合は親の承諾が必須なことと用途が明確にされた専門ローンなので通常のカードローンよりも厳しいことです。

場合によっては通常のカードローンの利用も考えておきましょう。

ローン審査に関して調べていると審査に落ちたという話を見かけます。

審査に落ちてしまうことはどうして起きるのでしょうか。

その理由はいくつか考えられます。

まず、1番に考えられるのがフリーターやアルバイトなど収入が不安定な人が高額なローンを組むと返済できなくなることがあるためです。

20代、30代の比較的若い人に多いのがクレジットカードや携帯料金などで支払い忘れがあった場合にも審査に落ちることがあります。

一般的にローン審査の際はクレジットヒストリーと呼ばれる信用情報を確認しており、過去のクレジットやローンを滞納していないかなどを見て判断します。

これは、バイクローンやマイカーローンなどの専門ローンでも同じです。





Copyright (C) 2018 バイクローンの審査は甘い?他社借入があると落ちるの? All Rights Reserved.